« 2016年12月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年2月

2017年2月16日 (木)

羽根木プレーパークへ

2017年1月、羽根木プレーパークへみんなで行っ てきました。

いつもは津田山の夢パークへ行くのですが、今回は都合が合わず、

初めて羽根木にお邪魔 してみました。

いつもとは違う場所なのでどんな感 じになるかな・・・と思っていましたが、子どもた ちは一日中、飽きる様子も見せずに外遊びを楽しん でいました。

子どもたちは鬼ごっこで走り回る子、 穴を掘る子、木工作をする子、高台に上っては滑る を繰り返す子など本当に様々でした。
 

ペンキを使って遊ぶ子や木登りをする子、水を流 して川(結構長い)を作る子たちは夢中になって遊 んでいました。外遊びをゆっくり時間をかけて遊ん でいくのって放課後では難しいですものね。子ども たちがいつもと違った姿を見せてくれるのも、プレ ーパークならではです。 

Dscn0420



 この日は朝から学童の豚汁の仕込みをして、おや つにみんなで食べることに。
食材を子どもたちと準 備して、同時にかまどと火おこしも子どもたちと準 備を進めていきます。
 

 

施設から借りた大きな鍋でぐつぐつとやっている 姿が目立ったか、見ていた周りの人たちから、「何 を作っているんですか?」と声をかけられることが たびたびありました。おいしそうに見えていたらう れしいです。少しふるまってあげたくなりました。 (大きな鍋をかき混ぜるの、好きです。絶対おいし くなる気がするので。) 

 

しばらくコトコトやりながら、おいしい豚汁の完 成!みんなで冬の青空のもとたべる豚汁はとても おいしかったです。となりの炭火でマシュマロをや きながら、おやつをたのしんでいるとのんびりと外 遊びを楽しめる感じがとてもうれしいです。
その後 片付けをすませ、もうしばらく遊んですごしました。
遊び足りない子たちの背中を押しつつ、学 童に帰ってきました。
 

Dscn0699 

 

この日のかえりの会では今日の感想でほかの指導員が「普段は外で遊ぶにもダメだ!と言われ る場所が多い中、自由に遊べるプレーパークでみん なが楽しく遊んでいる姿が見れて楽しかった。」と いう話をみんなにしてくれました。

僕もみんなが自 由に遊んでいる姿は楽しそうでしたし、みんなが自 分で選んだ遊びはどれも素敵でした。いつもの鬼ご っこだったり、滑り台をすべるだけのことでも、自分で選んだ自分ができる遊びがありました。

そんな 遊びを夢中でやってきた子たちはきっと楽しかっ たと思います。学童でも自分たちの遊びを大事にし て、みんなで楽しんで遊んでもらいたいです。

また プレーパーク、遊びに行きたいと思います。



川崎の学童保育news第437号に掲載

C)川崎市学童保育連絡協議会

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ